熟女出会いアプリランキング

○出会い系の熟女の魅力の根源は、男の征服欲
●背徳感
熟女という立場の女性がその心身を委ねているのは、その女性の夫である男性のみである筈なのが一般的な通念です。
夫である一人の男性を愛しているから心を開き、心を開いているから身体を許すのです。
そして愛する男性との肉体の交わりだから性の歓喜を享受できるのです。

 

そうである筈の、またはそうあるべき熟女という女性がその夫以外の男性に惹かれてしまう。
そして夫以外の、心を奪われた男性との肉体関係によって性の快楽に溺れ夫を忘却する。

 

さらには、心は未だ夫の側に残っている筈なのに、夫以外の男性から与えられる肉体への圧倒的な快感に抗し得ず、その快楽の大波に飲まれて我を失ってしまう。
いずれにしてもそれは世間的道徳感からは逸脱した、人の妻としてはあってはいけない背徳行為です。

 

だからこそ、その禁断の果実は抗し難い美味を与えてくれます。そんな背徳感が熟女の魅力なのです。

 

●表裏
出会いサイトの熟女は世間の人前では一人の人でなければなりません。夫以外の男性を魅了する女であってはいけないのです。
服装も仕草も会話もそうであってはいけません。だから熟女人妻は他人の前でそう振舞いま、また周りの人も熟女に対しそのつもりで対応します。
この事には何の不思議もなく極当たり前の事で、これが熟女いわゆる表の顔です。

 

そんな熟女は家の奥では夫の前での女に変身します。
キリリと引き締まっていた目や口元がトロリと蕩け、豊満な肉体をくねらせ、乳首や陰部を肥大させて快感に身体を痙攣させ弾ませます。

 

世の誰もがこの事実を知っているにも拘らず、人妻熟女は戸外ではそんな淫行がないが如くに立ち振る舞います。
その表裏のギャップに人妻熟女の魅力があります。

 

●成熟
熟女に魅せられる男性は女として成熟したその性に魅力を感じます。
一口に言うと色香、下品な表現ではエロっぽいとなるわけですが、夫である男性との肉知的交わりを重ねる事で女体の感度は開発されて行きます。
最初はウブで僅かな反応しかなかった女体は、徐々にその感応度合が大胆になり激しさを増しそれを与える男性を喜ばせます。

 

長い時間をかけて作り上がられた官能作品を、さっと横入りして奪い取る達成感は人妻ならではの魅力です。
何の努力もなしでその成熟した女体を堪能すれば良いのです。
熟女人妻を好む男性にとって、その完熟した甘さは筆舌に尽くし難い濃厚な味わいがあります。

 

●征服欲
夫以外の男性には心身共に許してはいけない人妻の心と身体を奪う背徳感も、他人の前では一人の人である表の熟女から淫行を喜ぶ裏の女を引き出す喜びも、
また成熟した人妻の女体を好んで求めるのも、要は男の本能的な征服欲の表れです。
自分という男が他の男より優れている事の優越感は、自己の子孫を残そうとする生物本来の雄の本能から生じています。

 

ある夫のものである(問題のある表現だと承知しながら敢えて使う事をお許し願います)人妻を、その人妻の心や体を自分の方に引き寄せる事で自らのものにする。
一盗、つまり人の妻を寝取る醍醐味とはこの征服感です。
この征服欲こそが出会いサイトの熟女の魅力の根源なのです。ぽっちゃり熟女が好きなら⇒https://恋活女性の安心出会いsns.net/

 

不倫ブームで熟女出会いSNSが人気

ここ数年の不倫ブーム、そして、スマホブーム、SNS、出会い系ブームの波に乗って、熟女の出会いSNSが急激に発展しています。
内容もかなり充実していて、若い人妻の間ではもう定番になっているようです。男女の出会いでは、出会いサイトは昔からありますが、熟女の間でもネットで知り合って実際に合う流れがどんどん増えてきています。
熟女のSNSでオフ会も結構開催されているようです。不倫・浮気専門のSNSがあったりと、カテゴリ別にいろいろあるようですね。

 

私は、独身ですが、友人の熟女の誘いで人妻のSNSのオフ会に参加しました。

 

結構、熟女の友人が多いのでそういうところに参加することに全く抵抗が無いんです。オフ会と言っても基本飲み会がほとんどです。

 

最初に自己紹介から始まるのですが、見るからに熟女って感じの方から見た目は全く分からない方までいろいろです。

 

勘違いされると後々大変なんで、私は、自己紹介で独身と言うことをいつも必ず言うようにしています。

 

オフ会では水商売の方が多かったですね。中には、公務員の方や病院関係の方まで多種多様です。

 

みんな普段話せないような事を心置きなく話せるので、楽しそうでした。やっぱり普段はいろいろ大変でストレスのかかることも多いんでしょう。
しかし、全体的にみんな声が大きい(笑)

 

3時間くらいたったころに2次会に。2次会はなんと参加者の行きつけのゲイバーへ。なんだかわけがわからない状況になりましたが、私もたっぷりと楽しませてもらいました。基本的にそういう世界の人たちっていい人が多いような気がします。みんな優しいです。

 

こんな集まりもネットの熟女出会い系が無ければ実現しないわけで、昔は人妻オフ会なんかなかったはずだし、みんなどこで出会いを探していたのでしょうか?

 

熟女出会い系オフ会は深夜まで及び私はタクシーで帰りましたが、結ばれたカップルとかいたんでしょうか?

 

確かめるすべもなく楽しい思い出になりました。ちなみに私の友人は何人かと連絡先を交換したようです。彼は恋人がいないのでその中に気に入った人が居るようです。

 

多分ですが、独身男女の関係なら連絡先を交換しても自然消滅っていうパターンもあるのでしょうが、熟女の場合は結構やり取りが続くんじゃないかと思います。友達関係を大切にしそうに思います。

 

そうこうしているうちに、また友達から熟女オフ会の誘いがありました。友人は、すっかりネットの熟女SNSにはまっているようです。

 

オフ会でなくて2人で会えるようにすればいいと思うのですが、熟女出会いSNSのオフ会が好きなようです。

 

熟女出会いバー

熟女バーに行くのにはまってます。先日は、人妻出会い系で知り合った男性と一緒に行きました。

 

彼は、初体験でしたが、かなり楽しんでくれて2人の距離は一気に近くなりました。

 

最初は、思い切って1人で行きました。かなり緊張しましたが、暖かく迎えてくれて自然な感じで、飲めました。お酒は好きなので、結構楽しかったです。

 

私は、熟女なので、あわよくば恋人が見つかればなって思ってました。別に店員でなくても客同士の出会いもあると思っていたのです。

 

でも、なかなかお客同士で恋愛につながる出会いは難しそうです。テーブルも離れていますし。切っ掛けがないですね。

 

熟女バーにいく事には抵抗が無くなったので、次は違うお店に行きました。

 

でも、2件目はいまいちでした。1件目の素晴らしさが分かりました。それ以来最初のお店に通ってます。

 

恋人探しと言うよりも純粋に飲むことを楽しんでます。週に2回ほど通ってます。料金もリーズナブルなので、一生通うと思います。

 

そこでの出会いはあきらめましたが、かなりの常連になったので、サービスも良くなりました。

 

毎回フルーツを出してくれるので、居心地がいいです。

 

私のおでこがが広がってきているので、頭皮マッサージもしてくれます。ニューハーフのマッサージはまた格別です。

 

最近は、熟女SNSでもいろいろその店を宣伝したりして、少しは売り上にも貢献しているのです。

 

他の店に行こうなんて思いません。熟女の出会い系やSNSでの交流は、私の今の楽しみです。

 

欲求不満の熟女GET!やっぱ熟女出会い系サイトって最高かも

僕は33歳の男性、ごくフツーの会社員です。フツーの会社員なんですけれど、エッチの方ははっきり言ってド変態な男です。
こんな僕、30代になってなんか熟女の魅力にハマってしかったというか、もうその良さを知ってからは若い女の子とのエッチには全然興味がなくなっちゃったんですよね・・・。だって熟女って本当にテクニックもあるし、もう熟女以外は僕の興味対象外って感じです。

 

熟女をGETするのなら熟女専門の出会い系サイトを使うのが一番。しかも熟女出会い系サイトってここに集まってくる熟女、とってもレベルが高いんです。マジ、これ40代か??と疑ってしまうようなキレイな熟女がそこには集ってます。

 

主婦の洋子さん(仮名)と出会ったのも熟女出会いサイト。彼女と初めて知り合ったのはつい2ヶ月前のこと。なんでも年齢は42歳って言ってましたけれど、最初に会った時は30代初めにしか見えないなと思いました。でもですね、この洋子さんの旦那さんってば、こんなにキレイな奥さんの事、全然構ってあげないらしい。熟女出会い系サイトで洋子さんと知り合ったばかりの時、洋子さんから来るメッセはそりゃもう、旦那さんの愚痴の一点張り。こういう時って絶対に聴き手に回るのが一番、イイんですよね。親身に話を聞いていると欲求不満が溜まってる女の人ってすぐに心を自分に許してくれます。洋子さんも案の定、僕にすぐに心を許してくれましたよ。出会い系サイト上でメッセをやりとりしているのもなんなので、LINEのIDを交換したんです。

 

で、僕は洋子さんにちょっとエッチなメッセをLINEで送ってみました。

 

ねぇ、洋子さん、お願い。パンツの写真送って・・・。

 

僕からこんなメッセをLINEで送ってみました。すると洋子さんからは

 

ヤダ。ヘンタイ。

 

と来るもんで、今度はこんなメッセを発信。

 

嫌ならマンコでもいいよ。

 

すると洋子さん、すぐにマンコの写真を送ってくれました。しかも自分の指を入れてます。もう、これ僕も我慢できないですよね、こんなの見せられたら。

 

洋子さん、生のヤツ、見たい。これからダメ?

 

すると洋子さんから、即レスが来て、いいよ、すぐ来てとの事。実は僕と洋子さんの家ってわりと近いんです。僕たちは洋子さんの家の近くにあるファミレス駐車場で待ち合わせしてそのままラブホへ向かいました。

 

洋子さん、この時僕は初めて会いました。なんか見た感じは松嶋菜々子みたいな美人。体型は細いけれど、オッパイはそれなりにありますね。運転席から横目でチラチラを洋子さんのオッパイに目を向けたんですけど、それはマジでキレイなおわん型。ああ、これ早くしゃぶりたいなと思ってました。車の中では僕たちはすぐに打ち解けていったんです。そして二人の間の空気はLINEでやり取りをしてたような、ドスケベな雰囲気満点な感じにすぐになりました。

 

ラブホの部屋に入ってからの洋子さんがまた凄かった。洋子さんは僕のズボンをまたまたひきずり下ろして、チンポを即フェラ。それと同時にタマ攻めもしてきます。で、僕も負けていられないじゃないですか。洋子さんをそのままベッドに誘って、服を一枚、一枚脱がして行きました。洋子さんがこの日付けていたのはちょっと派手めな青いブラジャーとパンティー。レース使いが本当に色気のある大人の女って感じを演出してます。ブラジャーに包まれたオッパイ、大きすぎず小さすぎずって感じでしかもやっぱり形がイイんです。僕はその弾力のあるオッパイを両手で揉みしだきました。

 

ああぁん、うぅぅん・・・

 

と洋子さんは僕がオッパイを揉みしだく度に声を上げてきます。その声ってば熟女らしく本当に色っぽい。パンティの隙間から指を入れてマンコをなぞるともう、そこは既にグチュグチュになってます。

 

洋子さん、マジ、グチュグチュになってるよ。

 

僕がこう言うと洋子さんはクスッと笑ってまた僕のチンコにシャブリついてきました。やっぱり洋子さんのフェラチオ、上手すぎますよ、マジで。僕は何度もイキかけたんですけれど、夜はまだまだこれからって事でそこは少し踏ん張りました。

 

洋子さん、どんな感じで攻められるの好き?

 

と僕が聞くと洋子さん、即答で

 

クンニ!!

 

と言います。そう言いつつ洋子さん、まるで女王様のように両足をおっ広げて僕を誘ってるじゃありませんか。そんなわけで僕はすぐに洋子さんのマンコに顔をうずめます。もう洋子さんのマンコもグチュグチュ状態。僕が唇や舌でマンコをチュパチュパ舐めるとまるで、洋子さんは子犬のように

 

くぅぅん、あぁはぁぁんん・・・

 

とあえぐんです。洋子さんのマンコ、マジでキレイですよ。こんなにキレイなマンコを放っておくなんて、旦那さんってばなんてモッタイない事をするんでしょう。僕ならこんなにキレイなマンコを持った奥さんがいたら毎日のようにしゃぶりまくりますね。
だめぇ、もう我慢できない・・・

 

ぼくが洋子さんのオッパイを夢中でしゃぶりついていた時、洋子さんがマンコにチンコを挿入して・・・と言ってきました。そう言われたら男としてそうしない訳には行きません。

 

とりあえず僕は正常位で洋子さんに挿入。そしたらですね、洋子さんの反応、ハンパないんですよ。シーツを掴んで本当にヨガってます。特に僕が腰にグッと力を入れて洋子さんを突くと、絶頂になってしまうようで、そのカワイイ顔の眉間にシワが寄ってきます。いや、熟女が眉間にシワを寄せてよがるのって本当にイラやしい表情です。

 

そのあとはバックで攻めたりといろいろと体位を変えて洋子さんのイヤらし過ぎるカラダを思いっきり堪能して、最後は騎乗位でフィニッシュ。僕はわりと騎乗位が好きなんですね。なんか女の人が腰をグラインドさせる所にこの上ないエロチズムを感じじゃったりします。

 

結局、この日、僕は洋子さんと3回くらいハメハメしました。どうも僕と洋子さん、その体の相性はバツグンにイイみたい。初めて会ってエッチをしてからというもの、僕たちは週イチで会って、ラブホでセックスを楽しんでます。いや、マジでこんなに最高の熟女と出会えるなんて。これだから熟女出会い系サイトってやめられませんね。

 

経験豊富な出会い系の熟女はエロくて最高

皆様初めまして私は都内在住の40代男性です、私が熟女出会い系サイトで出会った熟女とのお話しをさせて頂きたいと思います、宜しければ暇潰し程度に聞いて下さい。

 

私がこの熟女と出会ったのは2019現在から4年前の事です、私は熟女系専門の出会い系サイトを利用して彼女と出会いました、ちなみに私は他にも複数の出会い系サイトを利用していてハッキリ言うと常連レベルの人間です、なので私はサイトの中のサクラやらエキストラ的なナリキリ演者を大抵は見破れる術を身に付けています。

 

しかし近年は時代が進むにつれて本物(素人)か演者(プロ)かの区別をチャットやらネットで見分けるのは難しくなってきています、しかしまぁ!そんな事を気にしてても綺麗でエロい熟女とは出会う事が出来ませんので、私はいつものようにチャチャっと!サイトを利用して品定めを始めました、私の経験から自身の画像やらを載せてきたりするヤカラは大抵ゲスなので一切無視し、私は砕けていない熟女を絞って真剣に厳選しました。

 

すると一人の女性が私に連絡をしてきました、私は世間話を交えながら彼女と合う約束を交わす事が出来ました、ちなみに彼女の年齢は自称40歳という事でしたが、この時私は一切信用していませんでした、何故なら大抵年齢を重ねた女性というのはサバを読む生き物です、なので私は年齢の事は一切気にしていませんでした。

 

彼女とは都内の某駅前広場で会う約束を交わしていましたので私は早めに待ち合わせ場所に行き彼女を待っていました、すると数分後一人の女性が声をかけてきて無事に落ち合う事が出来ました、私達は合流して世間話をしながら街中をブラブラと歩き私は彼女にとりあえずファミレスに入ってお茶でもしようか!?と言い入店しました。

 

そこで私は彼女に対してこう問いかけました、やっぱりSEXが目的でしょ?と‥すると彼女は笑いながら、うーん‥まぁ‥答えました、私はこの時点でこの女性は速攻でイケると確信しました、何故ならSEXやらフェラやらアナルやらの下用語で笑顔を見せる女性は私の経験からエロく無かった女性はいないからです、やはり男も女も結局は異性の体が恋しいのです。

 

その後私は早速彼女をラブホテルに誘い部屋へと入りました、そして私は彼女と一緒にシャワーを浴びる事を強要しました、理由はお分かりですよね!気が変わりシャワーを浴びてる最中に逃げられないようにです、彼女は最初こそ恥ずかしがっていましたが、数分後には私にアソコを弄られたり全身を舐められたりすると喘ぎ声をあげる始末でした。

 

ベッドへ戻り私は彼女の体を激しく愛撫し、アナルに指を入れてもう一方の穴をベロベロと舐めまくりました、すると彼女は瞬く間にアソコをビチョビチョに濡らし私の肉棒を欲しがり自ら口に加え込みシャブリ始めました、やはりこの女性‥かなりの好きモノです!私は彼女のアソコを生の肉棒でこねくり回すように激しく突き最後は彼女の綺麗な顔に精液をぶっかけました。

 

しかし‥私は初対面の女性という事もあり興奮が収まらず射精した後のアソコを彼女の口で掃除してもらい、そのまま彼女のアソコに挿入してまたピストン運動を始めました、彼女の本当の年齢は分かりませんが見た目は確かに40代位でしたが黒木瞳みたいなタイプの女性でしたので私のアソコは勃起状態を維持する事が出来ました。

 

そして彼女との第2ラウンドは私は彼女に悪いと思いながらも最後は彼女の中に勢い良く出させて頂きました、本当に気持ちが良く最高のSEXが出来ました、それ以来彼女とは会ってもいませんし連絡も取っていません、何故なら私はズルズルと面倒な付き合いが嫌いだからです、という事で私が熟女出会い系サイトでエッチな美魔女と出会ったお話しでした、それでは。


更新履歴